講演(2012)

国際会議

  • S Sawannee and K Kinoshita, A novel biclustering approach with iterative optimization targeting co-expressed gene clusters, 1 Feb-2 Feb, 2012, Bangkok, Thailand
  • M Shirota and K Kinoshita, Structured protein sequences are more random than uniform in terms of the distribution of hydrophobic and hydrophilic amino acids, 20th Annual International Conference on Intelligent Systems for Molecular Biology, July 15, 2012, Long Beach USA
  • Y Okamura, T Obayashi, K Kinoshita, Comparative analysis of gene expression pattern similarity between human and mouse by gene functions, 20th Annual International Conference on Intelligent Systems for Molecular Biology, July 16, 2012, Long Beach USA
  • Takeshi Obayashi “ATTED-II: a coexpression database to analyze multiple condition-specific gene coexpressions for a broad range of plants.” Official seminar of Institure of Plant and Microbioal Biology, Academia Sinica (Academia Sinica, 2012.08.17)
  • Keiji Miura, An unbiased estimator of noise correlations under signal drift, SIAM Annual Meeting, Minneapolis, USA, (Jul. 9-13, 2012)
  • Kazuki Nakada, Keiji Miura, Tetsuya Asai, Hisa-aki Tanaka, Dynamical Systems Design of Nonlinear Oscillators using Phase Reduction, Approach, IEEE APCCAS 2012, Kaohsiung, Taiwan, (Dec. 2-5, 2012)
  • Kazuki Nakada, Keiji Miura, Clock Synchronization Protocol Using Resonate-and-Fire Type of Pulse-Coupled Oscillators for Wireless Sensor Networks, iconip, Doha, Qatar, (Nov. 12-15, 2012)

 

  • Kota Kasahara, Matsuyuki Shirota, Kengo Kinoshita, GIANT: a web-based application for analyzing three-dimensional structure data of protein-ligand complexes, JUCP-III, 平成24年6月7日, 東京
  • 笠原浩太, 木下賢吾, Comprehensive comparisons of interactions in small-ligand recognitions by proteins at the atomistic level, 第50回日本生物物理学会年会, 平成24年9月23日, 名古屋大学
  • M Shirota and K Kinoshita, Optimization of protein model structures according to statistical potentials with different referent states. 第50回日本生物物理学会年会, 平成24年9月24日, 名古屋大学
  • S Chiba, M Shirota, K Kasahara, and K Kinoshita, Homology modeling and molecular dynamics study of proton permeation pathway in a channel protein. 第50回日本生物物理学会年会, 平成24年9月24日, 名古屋大学
  • 城田松之, 木下賢吾, Uniformity in the amino acid sequences of soluble ordered proteins. 生命医薬情報学連合大会, 平成24年10月15日-17日, タワーホール船堀
  • 元池育子, 木下賢吾, Spatial features of genomic characteristics: Trial of visualization by utilizing chromosomal position, 生命医薬情報学連合大会, 平成24年10月15日-17日, タワーホール船堀
  • Kota Kasahara, Matsuyuki Shirota, Kengo Kinoshita, Comprehensive pattern analysis of protein-small ligand molecular interactions in the PDB,生命医薬情報学連合大会, 平成24年10月15日-17日, タワーホール船堀
  • Yasunobu Okamura, Takeshi Obayashi, Kengo Kinoshita, GO analysis of gene expression patterns comparison among organs and species, 生命医薬情報学連合大会, 平成24年10月16日, タワーホール船堀
  • 平谷圭, 笠原浩太, 城田松之, 木下賢吾 , Different synonymous codon correlations between human and mouse, 生命医薬情報学連合大会, 平成24年10月15日-17日, タワーホール船堀
  • Shu Tadaka, Takeshi Obayashi, Kengo Kinoshita, Identification of functional modules in protein networks by near-clique detection algorithm, 生命医薬情報学連合大会, 平成24年10月15日-17日, タワーホール船堀
  • Satoshi Ito, Takeshi Obayashi, Kengo Kinoshita, Discovery of cis-regulatory elements using a gene coexpression, 生命医薬情報学連合大会, 平成24年10月15日-17日, タワーホール船堀
  • 沼倉健介, 田高周, 木下賢吾, perGENIE: a web application for personal genome interpretation, 生命医薬情報学連合大会, 平成24年10月15-17日, タワーホール船堀
  • Keiji Miura, Effects of Noise Correlations on Population Coding, SCIS-ISIS 2012, Kobe, Japan, (Nov. 20-24, 2012)
  • Keiji Miura, Kazuki Nakada, Synchronization Analysis of Resonate-and-Fire Neuron Models with Delayed Resets, SCIS-ISIS 2012, Kobe, Japan, (Nov. 20-24, 2012)
  • Kazuki Nakada, Keiji Miura, Tetsuya Asai, Silicon Neuron Design based on Phase Reduction Analysis, SCIS-ISIS 2012, Kobe, Japan, (Nov. 20-24, 2012)
  • Keiji Miura, Zachary F. Mainen, Naoshige Uchida, Near zero noise correlations underlie efficient population codes in olfactory cortex, Neuroscience 2012, Nagoya, (Sep. 18-21, 2012)(招待講演)

国内会議

  • 岡村容伸, 大林武, 木下賢吾, 生物種間の遺伝子発現パターンの比較解析, 第28回バイオ情報学研究発表会, 平成24年3月28日, 東北大学
  • 笠原浩太, 木下賢吾, タンパク質-リガンド相互作用パターン解析ツールGIANTの開発, 第132回日本薬学会年会, 平成24年3月30日, 北海道大学
  • 笠原浩太, 城田松之, 木下賢吾, K+チャネルにおける溶液イオン濃度依存なイオン透過機構スイッチングに関する分子動力学的解析, 第12回蛋白質科学会年会, 平成24年6月21日, 名古屋国際会議場
  • 木下賢吾, 蛋白質低分子複合体構造の解析による低分子結合部位の博物学, 第12回蛋白質科学会年会, 平成24年6月22日, 名古屋国際会議場
  • 木下賢吾, 次世代生命科学研究に必要な計算機インフラについて, データ駆動型生命情報科学の挑戦, 平成24年5月10日,仙台
  • 沼倉健介, 大林武, 木下賢吾, NGSデータを用いた変異解析における解析パイプラインの性能比較, NGS現場の会第二回研究会, 平成24年5月24日, ホテル阪急エキスポパーク
  • 城田松之, 木下賢吾, タンパク質におけるアミノ酸組成の偏りとアミノ酸配列の一様さ, 第12回日本蛋白質科学会年会, 平成24年6月21日, 名古屋国際会議場
  • 千葉奏, 城田松之, 笠原浩太, 木下賢吾, VSOPのNaチャネルを用いたモデリングと分子シミュレーション, 第12回日本蛋白質科学会年会, 平成24年6月22日, 名古屋国際会議場
  • 笠原浩太, 木下賢吾, タンパク質-低分子化合物における物理化学的相互作用様式ネットワークの解析, CMRU研究会”ネットワーク科学の数理と展開”, 平成24年9月13,14日, 東北大学
  • 岡村容伸, 大林武, 木下賢吾, 遺伝子発現パターンから見た生物の進化, 第27回生体生命工学研究会, 平成24年11月19日,東北大学
  • 笠原浩太, 分子動力学法によるイオンチャネルコンダクタンスの推定, 生物物理学会東北支部会, 平成24年12月21日, 東北大学
  • 三浦 佳二, Estimating intrinsic noise correlations under arbitrary signal drift, 「情報統計力学の最前線 ?確率が繋ぐ自然現象と情報処理の数理?」(YSM-SPIP), 仙台, (Dec. 14-16, 2012)(招待講演)
  • 中田 一紀, 三浦 佳二, 浅井 哲也, 位相縮約に基づくシリコンニューロンのダイナミカルシステムデザイン, ニューロコンピューティング研究会(NC), 北九州, (Oct. 4-5, 2012)
  • 三浦 佳二, 藤田 武志, グラフ上の流れのHodge分解の考察と金属ガラス時系列への応用, ネットワーク科学の数理と展開, 仙台, (Sep. 13-14, 2012)
  • 三浦 佳二, グラフのHodge分解とその周辺, ヘテロ・ニューロアナリシス研究会, 仙台, (Jul. 24, 2012)(招待講演)

その他

  • Kengo Kinoshita, Seeing in silico is believing? An informal introduction to Bioinformatics, Network Medicine Winter Camp 2012, 平成24年2月4日, 秋保
  • 木下賢吾, 生命情報ビッグバン時代に必要な情報科学的基盤, 研究科シンポジウム「実世界ビッグデータへの情報科学の挑戦」, 平成24年4月26日, 仙台
  • 大林武, 生命情報データベースの行方, 研究科シンポジウム「実世界ビッグデータへの情報科学の挑戦」, 平成24年4月26日, 仙台
  • 木下賢吾, タンパク質による低分子認識多様性に見られる生物と物理の接点, 第138回加齢研集談会, 平成24年6月30日, 東北大学加齢研
  • 笠原浩太, 城田松之, 木下賢吾, 電位依存性K+チャネルにおけるイオン透過ダイナミクスの分子動力学的検討, 生理学研究所研究会「膜機能分子の機能・構造ゆらぎの時空間スペクトル解析」, 平成24年9月6日, 岡崎コンファレンスセンター
  • 木下賢吾, 蛋白質低分子結合部位の予測に向けた結合部位多様性の解析, 化学工学会第44回秋季大会, 平成24年9月21日, 東北大学川内キャンパス
  • 木下賢吾, 東北メディカルメガバンク:大規模三世代ゲノムコホートによる次世代ゲノム解析への挑戦, 生命医薬情報学連合大会, 平成24年10月15日, タワーホール船堀
  • 木下賢吾, 生命情報ビッグバン時代の生命情報科学, 電気通信学会コンピュテーション研究会, 平成24年10月31日, 東北大学工学研究科
  • 木下賢吾, 遺伝子共発現データベースCOXPRESdbによる機能関連遺伝子の発見, 新薬理学セミナー2012, 平成24年11月24日, 熊本大学薬学部
  • 木下賢吾, 構造からの機能予測法入門, PDBj講習会, 2月7日, 九州大学, 2012年
  • 木下賢吾, コンピュータで生命の理解を目指すバイオインフォマティクス, 第77回東北大学サイエンスカフェ, 2月24日, 仙台メディアテーク, 2012年
  • 木下賢吾, 生命情報科学の現状と今後の課題, 研究科20周年記念シンポ, 11月30日, 東北大学情報科学研究科, 2012年
  • 大林武 「遺伝子共発現で探す有用遺伝子」 生物工学若手研究者の集い 夏のセミナー 2012 (モンタナリゾート岩沼, 2012.07.01)
  • 大林武 「公共のマイクロアレイデータに基づく遺伝子ネットワーク解析」広島大学数理分子生命理学専攻第4回シンポジウム『数理生命化学の新展開?階層間で干渉しあう形・動き・機能?』 (広島大学理学部E棟, 2012.09.07)(招待講演)
  • 大林武 「遺伝子共発現とシス配列の関係」 第三回アグリバイオインフォマティクス研究会 「モチーフ解析最前線」(東京大学農学部二号館二階第一講義室, 2012.10.03)(招待講演)
  • 大林武 「遺伝子共発現が織りなすテクノロジーとサイエンス」 明日の植物科学を探るーゲノムから細胞機能の統合を目指してー (NAIST, 2012.10.06)(招待講演)
  • 大林武 「共発現データベースCOXPRESdb」 創薬研究のためのデータベース講習会 (東北大学医学部4号館, 2012.11.03)
  • 大林武 「R初心者のためのマイクロアレイ解析ことはじめ」 Rでつなぐ次世代オミックス情報統合解析研究会 (理化学研究所横浜研究所, 2012.02.22)
  • Keiji Miura, Zachary F. Mainen, Naoshige Uchida, Fast, efficient population codes in olfactory cortex through decorrelation and synchronization to theta-frequency sniffing, 包括脳 脳と心のメカニズム 夏のワークショップ, 仙台, (Jul. 24-27, 2012)
  • Keiji Miura, Near zero noise correlations underlie efficient population codes in olfactory cortex, RIKEN BSI Forum, Saitama, (Oct. 1, 2012)(招待講演)
Copyright © 木下・大林研究室|東北大学大学院・情報科学研究科生命情報システム科学分野 All Rights Reserved.