学生の研究テーマ

博士研究

2015年度
・岡村容伸:Development of fast meta-analysis method for RNA-Seq, and its application to the analysis of conserved coexpression gene network

修士研究

2015年度
・小澤和也:生命医学論文を用いた遺伝子機能予測法の開発
・寺嶋友美:バイト対符号化圧縮を利用したプロモーター比較法の開発
・中村篤大:系統樹の比較によるタンパク質相互作用パートナー予測法の開発
・水谷卓朗:ゲノムデータに基づいた個人推定の可能性についての検討
・朴 松煥:ストリーミング式ゲノム変異解析法の開発

2014年度
・岡野悠太郎:ファミリー遺伝子の構成と発現の種間比較のためのシステム開発とヒト内分泌ホルモンへの応用
・齊藤俊幸:カリウムイオンチャネルにおけるイオンと水分子透過機構の分子動力学シミュレーションによる解析

2013年度
・伊藤聡史:ゲノム配列解析による遺伝子共発現の発生メカニズムの解明
・田高 周:相互作用ネットワーク内の機能モジュール抽出法の開発
・中村幸平:タンパク質ポケット構造情報を利用したリガンド結合部位予測法の開発
・沼倉健介:個人ゲノム変異のアノテーションのためのWebアプリケーション開発

2012年度
・岡村容伸:遺伝子共発現の比較法の開発と遺伝子機能予測への応用
・千葉 奏:VSOPの立体構造モデリングと分子動力学シミュレーションによる機能解析
・土多隆雄:遺伝子発現量データを利用した表現型の違いに影響を及ぼす遺伝子セットの検出方法の開発
・平谷 圭:同義コドン利用頻度の種間比較と発現量との相関解析

卒業研究

2016年度
・栗本優美:ゲノム変異に基づく味覚の人種間差の分析
・笹澤健太:機械学習を用いたWebテキストのスタイル変換器の開発
・天満森夫:セルオートマトンの並列高速シミュレーション法の開発

2015年度
・加賀谷祐輝:latticeモデルによるタンパク質の構造分析
・佐藤広夢:人間とコンピュータの棋譜を用いた囲碁アルゴリズムの改良の検討
・田河賢治:リストバンド型活動量計における心拍数計測信頼性評価
・平田悠貴:スライド情報を元にした学会発表用ポスターの自動生成システムの開発

2014年度
・安澤隼人:ChIP-Seqデータ解析パイプラインの開発
・池野直人:生物学分野の研究動向をGene Ontology を用いて可視化する web サービスの開発
・小館 俊:引用関係ネットワークの動的可視化法の開発と生物分野文献への応用
・佐藤壮真:論文の概要把握を目的とした自動要約システムの開発

2013年度
・小澤和也:バイオキュレーション支援システムの開発
・寺嶋友美:比較ゲノムによる尻尾形成遺伝子の探索
・水谷卓朗:In situ hybridization 画像の解析による遺伝子共発現ネットワークの推定
・南谷和毅:2型糖尿病予防のための病気予測モデルの開発

2012年度
・浅見修佑:味覚受容体の遺伝的多様性の解析
・齊藤俊幸:分子動力学法による電位依存性ナトリウムチャネルの解析
・中村篤大:生物毒データベースの開発
・藤原 脩:CYPの個人差と薬理作用の解析

2011年度
・伊藤聡史:共発現データの評価法の確立
・田高 周:生物学的なネットワークとグラフ
・中村幸平:タンパク質-化合物相互作用データを用いた予測モデルの構築と精度の向上
・沼倉健介:顕微鏡画像からの特定部位検出の自動化に関する研究

2010年度
・岡村容伸:保存共発現ネットワークの作成
・千葉 奏:マイコプラズマの滑走運動と種間における相同性
・土多隆雄:体組織間の遺伝子発現量の違いとガンの関係性について ~CYP family and UGT family~
・平谷 圭:サイレント変異がもたらす人体への影響

アドバンス創造工学研修

2015年度
・栗本優美:ヒト分子共進化ネットワークの特徴付けと創薬応用への展望

2014年度
・栗本優美:遺伝子共進化法からみるヒトの特徴

2013年度
・邉見ふゆみ:次世代シークエンサを用いたトリプレットリピート病診断法の開発
・Jisoo Cha:Characterization of miRNA, 3’UTR and 5’UTR sequences toward miRNA degradation networks.

2012年度
・邉見ふゆみ:配列特異性からみたトリプレット病病原遺伝子の進化

Copyright © 木下・大林研究室|東北大学大学院・情報科学研究科生命情報システム科学分野 All Rights Reserved.