木下・大林研では現在、博士研究員1名を募集しています。

国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の実施する「次世代人工知能・ロボット中核技術開発」事業の一環として、「人工知能支援による分子標的薬創出プラットフォームの研究開発」を生命情報科学の面から推進する研究員を募集します。具体的には、天然に存在する膨大なタンパク質群から抗体様分子の候補となりうる分子の選定を自動的かつシステマティックに行う手法を確立するほか、実験的変異導入に先立ち変異のタンパク質への影響を計算科学により精度よく見積もるシステムを開発し、その後の実験プロセスの大幅な短縮・効率化を目指します。
本プロジェクトはバイオインフォマティクスやプログラムを活用した研究開発ですが、経験は必須ではありません。生化学、タンパク質科学、構造生物学に関する知識を持ち、新しい領域への転向を目指す研究者も大いに歓迎します。

着任時期・雇用期間:2018年10月1日以降、最長で2023年3月31日まで。

興味がある方は以下の書類をお送りください(メール可)

(1)履歴書
(2)研究業績リスト
(3)これまでの研究概要および今後の抱負
(4)所見を求められる方1、2名の連絡先

Copyright © 木下・大林・西研究室|東北大学大学院・情報科学研究科生命情報システム科学分野 All Rights Reserved.